• ファクタリングのメリットとデメリット

    • 企業が保有している売掛金をファクタリング会社が買い取るのが、ファクタリングのシステムです。



      売掛金とは、納品やサービスの提供が終了しており、なおかつ請求書も発行されているが、相手先の都合によって支払われていない現金のことです。


      よってファクタリングを利用することで、企業は売掛金分の現金が手元に入ってくるのを早めることができます。
      特に医療や介護においては、サービス提供に対する報酬は健康保険や介護保険によって支払われます。

      つまり現金が入ってくるまでには申請、受理、支払いと言う期間が必要となるため、特に事業開始直後などは、ファクタリングを利用して資金の早期確保に努めることも多くあります。


      ただしこれ自体は、すべての業種において適用させることができます。

      NAVERまとめの新しい情報です。

      ファクタリングのメリットとしては、早期に現金が入ってくる、それにより事業の立て直しを図ることができると言った点が挙げられます。

      ファクタリング全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

      また銀行などの金融機関からの借り入れではないので、利子が発生しないのもメリットです。


      ただしデメリットとしては、売掛金がそのまま買い取られるわけではなく、だいたい8割で買い取られるため、資産状況によっては効力が薄くなることが挙げられます。
      また本来であれば未来に入ってくるはずの現金を先取りするわけですから、当然、後々に入ってくる現金は少なくなると言うのもデメリットです。
      そして手数料が発生するのも忘れてはならない点です。
      ですから、この点を理解したうえで利用することが求められます。


  • 納得の真実

    • 保証ファクタリングの手続きの手順

      保証ファクタリングとよばれるものは、取引先に対する売掛債権などを保有している場合に、銀行やクレジット会社などの系列のファクタリング会社の保証をつけて、取引にあたってのリスクを軽減するというしくみのことをいいます。こうしたしくみを利用していた場合には、万が一にも取引先の経営が破綻してしまうような事態があったとしても、保証限度額の範囲内で、その債権が守られ、ファクタリング会社から支払いを受けることができます。...

  • 知っておきたい情報

    • 医療ファクタリングの特徴について

      ファクタリングは本来、商取引における売掛金の早期回収によるキャッシュフローの改善の為に利用される手段として最近話題になっている手法です。商取引に於いては帳簿上の売り上げと実際の現金の入金にタイムラグがあり、売り上げが計上された時点でその売り上げが現金として入金されていないことが多いため売掛金として棚上げされており、実際に現金が入金されるまでの間に手元に現金が無いため支払いに影響を及ぼしてしまうことを避けるために利用されるものです。...

  • 金融の話・専門知識

    • ファクタリングの仕組みとは

      売掛金の債権とは、商品の納品などサービスの提供が完了していて請求が済んでいるものの、支払いが行われていない状態の債権のことをいいます。ファクタリングとは、その売掛金の債権を第三者である専門の会社が買い取るという取り引き方法です。...

    • ファクタリング、融資とはどう違うのか

      ファクタリングと混同されやすいのが融資です。しかし両者の間には明確な違いがあります。...