• ファクタリング、融資とはどう違うのか

    ファクタリングと混同されやすいのが融資です。
    しかし両者の間には明確な違いがあります。
    それを順番に見ていくと、まずファクタリングとはサービスの提供や納品が終了しているにも関わらず、相手方の都合により支払いが終了していない売掛金を買い取ってもらうことで、資金調達をはかる制度のことです。

    マイナビニュースの為になる情報です。

    一方、融資とはあくまでもお金を借りることです。

    対比すると、前者はあくまでも将来的に手元に入ってくる予定である収益を売り買いによって先取りすると言う制度であり、後者はお金の貸し借りであると言うことが理解できます。

    ファクタリング情報が手に入ります。

    貸し借りである以上、借りる側の信頼性を証明するためには保証人や担保が必要になりますが、ファクタリングの場合はそれが不要だと言うのも違いのひとつです。


    当然、返還義務もありませんし利息も発生しません。
    またこちらの場合、資金の増加と言う扱いをすることができますが、融資の場合はお金の貸し借りなので、扱いとしては債務に該当します。ファクタリングは、発生した売掛金内での取引が前提の制度です。



    支払われていない売掛金を買い取ってもらうわけですから、売掛金以上の金額は買い取ることが不可能であると言う具合です。

    一方、融資は金額に差があるのが特徴です。
    勿論、こちらが望んだ金額を用意してもらえるばかりではありませんが、商品内容や審査などによってはかなりの金額を借りることも可能です。そしてファクタリングの場合には、いわゆる信用情報には関与されません。

    しかし融資の場合は信用情報に関与され、それが後々の融資などに影響を及ぼしてくることもあります。