• ファクタリングの仕組みとは

    売掛金の債権とは、商品の納品などサービスの提供が完了していて請求が済んでいるものの、支払いが行われていない状態の債権のことをいいます。ファクタリングとは、その売掛金の債権を第三者である専門の会社が買い取るという取り引き方法です。仕入れをするにあたり、企業の間では資金の取り引きではなくて掛金によって売買が成立しています。そのため相手の企業の支払いサイトの長さによって、資金化できるまでにはタイムラグが発生してしまうことになります。
    このタイムラグが会社のキャッシュフロー上でマイナスに作用してしまうことがあります。


    これを解決できるのがこの取り引き方法になります。


    決算の上では黒字であっても資金繰りに苦労する中小企業は決して少なくないといえます。



    銀行などに融資を断られたり、売掛金の相手の支払いサイトが長かったり、メインバンクに知られないように資金を増やしたい場合などの事情がある場合には、この取り引き方法を検討してみると良いでしょう。仕組みと流れですが、売掛金が発生したら売掛先企業と契約を結びます。

    ファクタリング会社との契約を結びます。


    売掛先企業と請求金額を確認し合います。

    ファクタリングをあなたに紹介致します。

    ファクタリング会社への請求金額を通知すると、売掛先企業との請求金額の最終確認が行われます。

    教えて!goo情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

    ファクタリング会社から早期に売掛金の支払いを受け取ることが出来ます。売掛先企業はファクタリング会社に対して、期日通りに売掛金を支払います。