• 医療ファクタリングの特徴について

    ファクタリングは本来、商取引における売掛金の早期回収によるキャッシュフローの改善の為に利用される手段として最近話題になっている手法です。



    商取引に於いては帳簿上の売り上げと実際の現金の入金にタイムラグがあり、売り上げが計上された時点でその売り上げが現金として入金されていないことが多いため売掛金として棚上げされており、実際に現金が入金されるまでの間に手元に現金が無いため支払いに影響を及ぼしてしまうことを避けるために利用されるものです。


    売掛金は支払元が倒産などをしてしまった場合には支払われないため、業者が売掛金の回収のリスクを負うことになり、その分現金化される金額は少なくなる傾向にあります。



    但し医療におけるファクタリングは支払元が保険機関であったり国であったりと非常に信頼度の高い期間であるため、基本的に回収リスクが無いのが大きな特徴です。



    その為医療におけるファクタリングで現金化出来る金額は医療費の金額の全額に近いのが特徴です。その為非常に利用されることが多いものですが、あまり頼りすぎるとキャッシュフローが前倒しとなってしまうためなかなかそのサイクルから脱出できなくなってしまうというリスクが有ります。
    医療ファクタリングが利用されるのは特に開業直後の病院が多く、保険診療費が入らない数か月の間の利用と思われがちですが、実際には医療費を先取りすることになりその後のキャッシュフローに大きな影響を及ぼすので注意が必要です。